トレンドライン サポートレジスタンスライン エントリーポイント

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドライン サポートレジスタンスライン エントリーポイント

どうも!

ケンです。



前回の続きで、トレンドラインと

サポートライン、レジスタンスライン、

そして移動平均線を使ってエントリーポイントを

見つけるという実例をお話したいと思います^^


前回の記事はこちら
エントリーポイント 探し方と見つけ方



+-------------------+

本題に入るその前に・・・

私からのお願いがあります^^


これからも皆様に役立つ記事をお届け出来る様に、

応援クリックをいただけると幸いです(・∀・)b

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村



FC2 Blog Ranking

+-------------------+


皆様のご協力のおかげでランキングも

少しずつ上がってきました!(・∀・)b



本当に感謝しております!

ありがとうございます!

これを維持しつつも、更に上に行きたいので

引き続き応援をお願いいたします^^




さて、本題です^^


エントリーポイントを、


トレンドライン

サポートライン(レジスタンスライン)

移動平均線




を使って見つけていくのですが、

前回の記事のチャートの続きでまさにその

真骨頂とも言えるチャートがありましたので

そちらをご紹介しますね^^

ポンド円4-25-3

+---------------------+
※チャートはMT4

MT4が使用できる国内FX業者は

外為ジャパン

フォレックス・ドットコムジャパン
+---------------------+



今回ご説明するのは一点だけなんですが、

チャート真ん中辺りのちょっと右寄りに

下降トレンドラインとサポートラインが交差

している点
があるかと思います。



そこでちょうどローソク足が反転しているかと

思います^^



この様に、それぞれのライン同士が交差している

というのは、転換点として機能しやすいんです、

不思議と^^;

何故だかは知りません(笑)

けど、色々と検証していく中で偶然とは思えない

ほどにこういった事例をたくさん見つけたので、

これはこれで一つの判断手段として使ってもいい

んじゃないかな~と思っています^^



もう一つ、この下降トレンドラインで補足すると、

この下降トレンドライン、ローソク足が一度上抜け

すると今度はサポートラインとして機能している
のが

わかるかと思います^^



先ほどご説明した、サポートラインとトレンドラインの

交差ポイントでの反転を含めて2回サポートしています。



この様に既に抵抗として働いた事のあるラインは、

再度そのラインにローソク足に近づいてきた時にも

サポートやレジスタンスとして機能する可能性が高いので

十分に注意しておいた方がいいんじゃないかな~と

思います^^



今回、紹介したチャートは、ポンド円チャートです^^

ポンド円を取引する時は、最近

外為ジャパン

を使っています^^

その理由は、現在キャンペーン中?で、

ポンド円のスプレッドが1.6銭なんですよね^^

これはいい!と思って、ポンド円は外為ジャパン

取引しています^^
(※2011年4月29日現在)



ポンド円を取引される方は、とてもお得だと

思いますよ(・∀・)


詳細は外為ジャパンHPでご確認ください^^

外為ジャパン




長くなりましたが、最後に・・・

+-------------------+

今回の記事は参考になりましたでしょうか?

記事が役に立ったと思われたら、

クリックしていただけると

励みになり嬉しいです(・∀・)b

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村



FC2 Blog Ranking

+-------------------+




いつも最後までお読みいただき、

ありがとうございます(・∀・)b





ケン

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。