ユーロ円 上昇のメド

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ円 上昇のメド

おはようございます!

ケンです。



この2週間は、ほぼ上昇し続けて終わった

ユーロ円ですが、いったいどこまで上昇するのか?


上昇を続けているのは、ユーロ円だけでなく、

ユーロドルやドル円なども上昇を続けていますが、

今回はユーロ円を題材にしてお話したいと思います。


+-------------------+

本題に入るその前に・・・

私からのお願いがあります^^


これからも皆様に役立つ記事をお届け出来る様に、

応援クリックをいただけると幸いです(・∀・)b

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村

+-------------------+


上昇を続けているユーロ円ですが、

いったいどこまで上昇するんでしょうか?



私も今回この大きな流れをわかっていながらに

捉えられなかったのですが、明らかにポイントが

あったわけです。



約一年間かけてのレンジ相場を完全に抜けた事で、

一気に上昇方向にエネルギーが向いたというのが

やはり一番の要因ではないかなと思います。



何故わかってて捉えられなかったのか??

それは、もっと早い段階で押し目をつけると踏んだので

見過ごしたからなんです^^;



本当に大失敗でした^^

本来、126円に乗って安定した時点で入っておくべきでした。

これで、1万通貨しか持ってなくても600pipsぐらいは

現段階でも取れていることになるので、本当に

もったいない事をしてしまったと思っています。



正直、ここまでの明確なチャンスは、年間に数度とない

ぐらいでしょう^^;

まだまだだな~と痛感しております。



かと言って、落ち込んでても儲かるわけではないので(笑)

次に向けて頑張ります(・∀・)b



さて、ではこれからユーロ円で取引する場合、

どこまで動くと予想しておくべきか?




それは、トレンドラインやサポートラインの

テクニカルで導き出すことができます。

ユーロ円4月10日時間足

黄色の三本のサポートレジスタンスライン

レンジ相場の際の安値と高値とその幅を

そのまま上にスライドさせた線
です。



それよりも内側にあるピンクの線が、

主にレンジになっていた範囲の安値です。

それとレンジ相場の高値との幅を上にスライド

させているのがもう一本のピンクの線
です。



そして、上の緑のレジスタンスラインですが、

これは、過去にレンジ相場を形成していた時に

何回もサポートラインとして機能していた線
です。



週足で、かなり長めのヒゲを伸ばしているので、

かなりの影響力があるのではないだろうかと

思っています。



現在のユーロ円の価格の位置から考えると、

この上の三本のレジスタンスラインにかなり

接近
しているので、そろそろ反転しそうな段階

にきているのでは?とも読み取れます。



ちょっと長くなってきてしまったので、

何故そう考えるのかは、また次の記事あたりで

書きますね^^



いずれにしても、かなり過熱感をもって上昇が

続いているので、急な反発にはそろそろ警戒していた

方がよさそうです^^;



続きはまた次回に(・∀・)b




長くなりましたが、最後に・・・

+-------------------+

今回の記事は参考になりましたでしょうか?

記事が役に立ったと思われたら、

クリックしていただけると

励みになり嬉しいです(・∀・)b

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村
+-------------------+



最後までお読みいただき、

ありがとうございます(・∀・)b




ケン


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。