押し目買いのポイントを探す

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し目買いのポイントを探す

こんにちは!

ケンです。


今回は、

トレンドライン

サポートライン

レジスタンスラインの3つを

使って、トレンド中の押し目を

見つける為の方法を

初心者でもすぐにできる方法

お話していきたいと思います^^


+-------------------+

と、その前に・・・

私からのお願いがあります^^


これからも皆様に役立つ記事をお届け出来る様に、

応援クリックをいただけると幸いです(・∀・)b

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村
+-------------------+


さて、

現在ユーロドルは直近の高値を抜けて

一旦上昇後に下落している状態です。



この直近の高値を抜けた時点で買いで

入るというのも王道として一つの手ですが、

それよりも確率の高いと思っているのが、

押し目を狙って押し目買いをする

という手法です(・∀・)b



じゃ、その押し目をどうやって探すのよ?

という事で、冒頭の3つのラインが

役立ってくるんですね~^^



まずは、横のラインである、

サポートレジスタンスラインを

引いてみます(・∀・)b

ユーロドル日足3月10日

二本ある黄色い線の下の方を

注目してください^^



この線は、ブレイクされるまでは

直近の高値だった
事がわかります^^



そして、そこをブレイクした後で、

一旦下落したきた際には、ここで

反転をして上昇しているのも

わかるかと思います^^



となると、今回も抜ける前までの

直近の高値で反転をする可能性が

あるという仮説を立てる
事ができます^^



ただ、今回はラインをブレイクして

から下落に転じるまでの期間が短いので、

これだけでは裏付けも弱くて

ちょっと微妙かなぁとも思ってはいます。



で、試しにもう一つトレンドライン系の

線を何本か加えてみましょう(・∀・)b

トレンドサポートライン引き方

一番急角度で短い赤い線が

現在先程の黄色い線と交差

している付近に現在のローソク足が

迫っています。



まず、ここが注目点になります。



ここで反転する可能性もあると仮説を

立てますが、

ここをすんなり一気に下に

抜けてくる様であれば、

上昇は一服していて下落に転じている

もしくは、押し目がもっと深いと

考えていきます。


常に相場はどちらに動く可能性も

あるので、そこは注意が必要です
^^



では、押し目がもっと深いとしたら?



次に考えられるのが、

上から二本目の赤い線です。



これは過去に既に機能しているので、

信頼度も高まります
^^



ちなみに、その過去に機能した時には、

黄色い横のラインと交差してる付近で

反転している
のがわかるかと思います^^



偶然か必然かまではわからないのですが、

こうやって多々自分でラインを引いていると

こういった事が往々として起こります^^;



そして、この手法の強みは、

事前にポイントになるであろう場所がわかる

という点です。



決して、後付けの話ではなくて、

事前に狙いを立てられるのが

良い点だと思って、私は好んで

この分析手法を使っています(・∀・)b



さて、話が逸れてしまいましたが、



一度機能していると言う事は、

もしかしたら、現在のトレンドラインは

これが中心になっている可能性があります。



なので、このライン付近に近付いてきた際は、

転換のポイントになる可能性もあるという

事を覚えておかれた方が良いかと思われます^^



一番下のラインは一応引きましたが、

あくまでかなり大きな視点で見た場合の

ラインなので、念の為と言った感じで

思っておいてよいと思います^^



他にも更に裏付けを強める為に

この手法と相性の良いテクニカルが

ありますので、またご紹介しますね!



今回の記事はお役に立ちましたか?

役に立ったと思われたら、

クリックしていただけると

励みになり嬉しいです(・∀・)b
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




最後までお読みいただき、

ありがとうございます(・∀・)b




ケン
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。