シストレ24 1000通貨

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シストレ24 1000通貨

どうも! ケンです。


シストレ24が1000通貨取引に
対応するとの事です。

これは、今まで取り組みづらかった人には
とても朗報ではないでしょうか??^^


公式サイトは >> インヴァスト証券

※2013年7月31日までタイアップで合計10000円キャッシュバック!



そこで1000通貨になるメリットについて
考えてみました。

※特に重要な点を太字に下線を引いてます。


例えば、ThirdBrainFxの様な、
最大で4ポジションを持つストラテジーの場合、
これまでだと4万通貨が最低ラインだったわけです。

豪ドル円が100円と計算すると、
証拠金が16万円ほど必要になります。

ThirdBrainFxの場合、
負けるときは150pips前後の損失が出るので、
すべてのポジションがマイナスになると
一気に6万円ぐらいの損失が出ます。



これが嫌で最大ポジション数を減らす人もいるのですが、
個人的にはそれではThirdBrainFxを使う意味がない
と思っています。

何故なら、
4つのポジションでトータルでプラスになる様に
設計されているはずのものだと思うので、
最大ポジション数を減らすと
本来のパフォーマンスが発揮されない
と思うのです。



なので、ThirdBrainFxを最大ポジション数で運用し、
他のストラテジーと組み合わせることを考えると
とても30万円では足りず、
最低50万円の資金からじゃないと取り組めない
という部分があったかと思います。


それが、1000通貨取引対応になることで、
ThirdBrainFxでも最低4000通貨からと
これまでの裁定取引数量よりも低い所から
運用が開始できる
ことになります。

先ほどの証拠金の話で言うと、
2万弱の証拠金でThirdBrainFxを運用できます。



つまり、
それぞれを少ない通貨単位に設定して、
より数多くのストラテジーでポートフォリオを組む
という事が可能になります。

もちろん、
その時々の相場の状況やストラテジーの調子を見て、
取引数量を減らすという事もより細かくできますね。


という事で、
より臨機応変に幅広く取引ができる
というのがメリットかと思います。



シストレ24ほどのストラテジー数で
1000通貨取引対応となると…

他のミラートレーダーを使うメリットが
あまり無くなった様な気がしますね^^;


これまで1万通貨~だからと尻込みしてた方も
これを機会に取り組んでみてはいかがでしょうか?


公式サイトは >> インヴァスト証券

※2013年7月31日までタイアップで合計10000円キャッシュバック!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。