FX 戻り売り

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 戻り売り

どうも! ケンです。

ユーロドルの1時間足チャートで
戻り売りについて解説しやすい場面があったので、
前回の「FX 押し目買い」に引き続き、
今回は戻り売りについて書いてみたいと思います。


本文に入る前に
下記ご協力いただけましたら嬉しいです!!

皆様からの応援クリックが励みになります^^
下のリンクをクリックしていただくだけで応援になります!

+-------------------+

※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング※開くと順位が右下に出ます!
FC2 Blog Ranking

クリックいただき、感謝です!
ブログ更新の励みになっています^^
+-------------------+


前回、押し目買いについて解説したのですが、
トレンドの状態の違いだけで
基本的には戻り売りもする事は一緒です。

下降トレンド時に一時的に上昇してきて
再びトレンド方向に反転する所を狙います。

これが戻り売りですね。


この記事を書いている数時間前に
ユーロドルで戻り売りをできる場面がありました。

※画像をクリックで別窓拡大表示します。
ユーロドル2013年4月24日トレンドライン


黄色いラインが下降トレンドラインで、
緑色の移動平均線が75本移動平均線ですね。

右下の赤丸を確認してほしいのですが、
この2本が重なっている部分に押し戻されるように、
ローソク足が十字線に近い形になってから
トレンド方向に反転しています。


ここはかなりの戻り売りポイントです。


下降トレンドラインは事前に引けていますし、
75本移動平均線とも重なっている。


この様に抵抗になりうるラインが重なったりすると、
より抵抗力が強くなることがしばしばあります。


しかもトレンドラインは一度機能した実績ありです。
こういった場合も信頼性が高くなると感じています。


こういった局面では
赤丸で囲った足が確定した時点で
売りで入っておくと良いかと思います。


押し目買いや戻り売りは、
トレンド相場で利益を上げやすいトレード手法になるので、
是非取り入れてみてください。



ただ、前回の記事でも書いたみたいに、
トレンドラインだけでは押し目や戻りを
拾える回数がどうしても少なくなります。

そこで最近私はこちらのノウハウを取り入れています。


こちらのノウハウ >> トレンドハンターFX

ノウハウのレビュー記事 >> トレンドハンターFX レビュー



トレンドラインでは拾えない押し目や戻りも
結構拾えたりするので役立ちますよ。

下手に数万円のセミナーとかに出るよりも
よっぽど役立つかもしれませんよ!


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。