FX 押し目買い

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 押し目買い

どうも! ケンです。

トレンド相場において、
トレンドに乗って取引をする事は
とても大切になりますよね。

そこで重要になるのが、

押し目買い

というものです。


今日はそんなFXの押し目買いについて
書いてみたいと思います。


本題に入る前に
こちらにご協力いただけるととても嬉しいです!

皆様からの応援クリックが励みになります^^
下のリンクをクリックしていただくだけで応援になります!

+-------------------+

※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング※開くと順位が右下に出ます!
FC2 Blog Ranking

クリックいただき、感謝です!
ブログ更新の励みになっています^^
+-------------------+


さて、FXにおける押し目買いについてですが、
色々な形でそれを探すことができます。


例えば、私も得意としているトレンドライン。

これを引く事によって、
押し目になりうる価格帯を予測する事ができます。


例えば、直近の豪ドル円の1時間足だとこんな感じです。

※画像をクリックで別窓拡大表示します。
豪ドル円2013年4月20日ペナント


上下からラインを引いていますが、
これはペナントという形で
その後のチャートが表している様に
上下のラインをブレイクした方に大きく動く
というチャートパターンの一つなので
覚えておくと役立ちますよ^^


さて、それはさておき、
下側のラインで赤丸をしている部分。

ここが
このトレンドラインでの押し目買いポイント
になります。


この例の様にトレンドラインが機能する時は
この押し目買いはとても有効になります。

主に緩やかに上昇していく際によく機能する
という印象ですね。



でも、トレンドラインだけでは
どうしても拾い切れない押し目買い
というものが多くあります。


急な角度で上昇する様な相場の時です。


得てして、その様な相場の時は、
いわゆる「押し目待ちに押し目なし」
という状態になってしまいます。


トレンドラインだとなかなか
これを捉えるのが難しいんですよね。


こんな感じになってしまいます。

※画像をクリックで別窓拡大表示します。
豪ドル円2013年4月20日トレンドライン

上の方に一ヶ所つけた赤丸の所で
ギリギリ入れたかどうか?という感じです。


そもそもトレンドラインというのは、
上昇トレンドの場合なら
トレンドが始まった時点の安値と
次回の切り上がった安値を結んでできるライン
になるので、

実際に使えるのはその次の安値をつけた時
という事になります。


つまり初回の押し目は拾えないんです、トレンドラインだと。


でも、トレンドが発生した時って、
初回と二回目ぐらいまでが大きくて
そこからだんだん勢いが落ちてくる傾向が強いです。

そうなると、
なるべく初回か二回目までに入っておきたいわけですよね。


その為にはやはり移動平均線を上手く使う必要があると思います。


上記二つの画像にも表示している様な
二つの移動平均線ですね。

これは前回の記事で紹介している、
トレンドハンターFXというノウハウの設定を
そのまま反映させています。

このノウハウの通りに判断していくと、
トレンドラインでは拾えない押し目を
かなり高精度に何度か取る事ができます。



ただ、逆に最初の画像で紹介した様な
緩やかな上昇トレンドでは機能しにくいので
トレンドラインとの使い分けが必要かと思いますね。


緩やかなトレンド ⇒ トレンドラインを引いて判断
急上昇のトレンド ⇒ トレンドハンターFXのノウハウ


という感じの使い分けをすれば、
色んなトレンドをトレンドを取れる様になりますね!


私自身、トレンドラインのこの弱点を
何とかしたいと少し前から思っていたので
トレンドラインの弱点を補助してくれるような
このノウハウを知れて、早速結構役立っています。


なので、とてもおすすめです >> トレンドハンターFX

レビュー記事はこちらです >> トレンドハンターFX レビュー


やっぱりトレンド相場を取れると、
気持ち的に楽でいいですよね!


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。