雇用統計 時間成行IFO両建て

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用統計 時間成行IFO両建て

どうも! ケンです。

先日の雇用統計を、先月に引き続き
セントラル短資の時間成行IFO注文を使って
両建て注文してみました^^

公式HPはこちら⇒セントラル短資

詳細は本文にて(・∀・)b

本題の前に皆さんにお願いがあります!!
+-------------------+
現在ランキングが大幅に低下中でして、
もっと多くの方に目を通していただけるように
皆様のワンクリックというお力を今一度、僕に
貸してはいただけないでしょうか?

※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

クリックいただき、感謝です!
ブログ更新の励みになっています^^
+-------------------+

さて、先日の雇用統計時間成行IFOトレードの結果ですが、
結論から言うと・・・

失敗でした(笑)^^;

ですが、エントリーから決済までが僅か1秒だったので、
取引システム的には全く問題が無い
かと思います。

で、何が失敗だったのか?

前回の雇用統計後に書いた記事(雇用統計 両建て)にも
書いた修正点を踏まえて行ったのですが、

トレールを10pipsに設定したところ、
それでも失敗でした。

スプレッドが一時的に10pips以上になっていたのでしょうね^^;

例えば、スプレッドが10pips以上広がっている時、
約定した買い注文が78.5だったとします。
すると、この時の売りレートは78.4以下な事になります。


なので、あまりに注文システムの反応が良すぎると、
そのまま思惑通りに上昇しても、すぐに売りレートに掛かって
決済が約定してしまいます


結局広がったスプレッド分だけを狩られてしまうという形
なってしまいますね、これでは^^;

これだけは避けられる様に設定を考えていかないといけません^^;

ただ、スプレッドの広がりはその時々の統計結果にもよって
前後するでしょうから一概に何とも言えませんが、
毎回毎回こなしていきながら、ここまで見ておけば大丈夫!
というラインを探すしかないでしょうね^^;

そして、もしかすると、
両建てをせずに、どちらかにヤマを張って片方だけの
注文を入れておくというスタイルの方が当たった時の
利益が大きいかもしれませんね( ̄ー ̄)ニヤリ

まぁ、年内にあと4回の雇用統計がありますから、
その4回で何とかこのトレード手法を確立させたいと思います
(・∀・)b

いずれにしても、セントラル短資
この時間成行IFO注文機能はとても役立ちますので、
他にもこの注文機能を使ったトレード手法を考えていきたいと
思っています(・∀・)b

既に検証中のものもありますし(・∀・)b

注文システムの安定感や注文方法の豊富さは取引をする上で
とても大事な部分ですしね( ̄ー ̄)ニヤリ
個人的にはとても気に入っています、セントラル短資

↓公式HPで詳細を確認される方はこちら↓
セントラル短資FX
セントラル短資

【編集後記】

昨日は急にネット回線が原因不明の不調に陥り、
ネットにまったく接続できなくなってしまいました。
その為、ふて寝をして早起きしています(笑)

日の出とともに起きるのも気持ちがいいですね^^


ここまでご覧の方にお願いがあります!
+-------------------+
※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

クリックいただき、感謝です!
ブログ更新の励みになっています^^
+-------------------+

最後までお読みいただきありがとうございます^^




ケン

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。