ボリンジャーバンド 使い方

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリンジャーバンド 使い方

どうも! ケンです。

ちょっと色々とバタバタしていて、
前回のセントラル短資 FXの記事の最後の方で
書きました、手法の公開が・・・遅れます^^;

バックテストが進んでないのです(笑)

もしかしたら、日曜日に何とか更新できるか?
と言った感じです。

楽しみにしていた方、もうちょっとお待ちください^^;

その手法公開はバックテスト終わり次第公開しますが、
今日から数回に分けて、ボリバンことボリンジャーバンドを
使った逆張り手法の事を書きたいと思います^^

続きは本文にて^^

ちなみに、個人的にはボリンジャーバンドを使う手法では
この二つが気に入っています^^

恋スキャFXビクトリーDX完全版
デイトレンドFX


全く違うロジックですが、得意な場面が違うので、
使い分けがききます(・∀・)b
上手く使い分けると、かなり調子が良いです^^


本文に入る前に・・・

今回の記事、面白そうですか??^^;
もし、面白そうだと思われたら・・・



ご覧の皆様にお願いがありますm(__)m
+-------------------+
現在ランキングがまたしても低下中でして、
もっと多くの方に目を通していただけるように
皆様のワンクリックというお力を今一度、僕に
貸してはいただけないでしょうか?

※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

クリックいただき、感謝です!
ブログ更新の励みになっています^^
+-------------------+

手法について詳しい事をお話していく前に、
今回はボリバンに対する僕個人的なイメージをお話します。
この部分を頭に入れてもらうと、手法の説明がすんなり頭に
入れてもらえるのではないかと思ったので^^;

実際にボリバンを使ってみての感想からこう位置づけをしました。

ボリンジャーバンドとは
真ん中と上下の線の内、上下の線(バンド)を指しますが、
真ん中のラインが移動平均である事から、この移動平均線を
一種のトレンドラインと見立てて考えてもいいなと思いました^^

なので、上下のバンドはトレンドラインで例えるなら、
チャネルラインに見立てる事になります。

そして、ボリンジャーバンドの特性でもある、
ほとんどの価格帯はこのバンドの中で推移する」考えに、
トレンドラインとチャネルラインの考えを加えると
各々のラインが節目となるという事になります。

わざわざ書いたのは、トレンドラインを活用する方だと
おそらくこの書き方の方がボリンジャーバンドの理解度が深くなる
と思ったからです^^;
(知っていたらごめんなさい^^;)

で、ボリンジャーバンドでエントリーポイントを探すのに、
一般的には
・上のバンドに触れたら売り、下のバンドに触れたら買い
・上のバンドに触れたら買いが強い、下なら売りが強い

など、結局どっちなんだ?といった判断基準が言われています。

ここで取り入れたいのが移動平均線的考え
通常、移動平均線よりも上にローソク足が位置していたら上昇トレンド
移動平均線よりも下にローソク足が位置していたら下降トレンド
の傾向が強いとされています。

となると、
一度上下どちらかのバンドに触れたローソク足は押し目や戻りを
つけにいく傾向になりやすい
移動平均線に戻りやすい
と考えられます。

そう考えると、この押し目や戻りをつけるであろう部分である、
ボリンジャーバンドの上下どちらかのバンドと
真ん中の移動平均線の間の値動きを狙いたい
わけです^^

けど、ボリンジャーバンドには、先ほども書いた、
・上のバンドに触れたら買いが強い、下に触れたら売りが強い
という傾向もあるわけです。

これが弱点になってしまうのですが、この弱点を補いたい。

そこで、僕自身が最近実際に実行している事があるので、
その方法を、次回チャートを例に話していきたいと思います^^


続きの記事は
ボリバン 逆張り
ボリバン 順張り


今回は、文章のみで長文の中、
ここまでお読みいただき、ほんとうにありがとうございます^^

もし、今回の記事が面白かったと感じたら、
最後にクリックしていただけると嬉しいです^^

+---------------------+
※すべて別窓で開く様になっています。

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村



FC2 Blog Ranking

ブログ運営の励みにもなり、とても嬉しいです(・∀・)b
+-------------------+




ケン

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。