レンジ相場を狙った逆張り手法 エントリー方法

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンジ相場を狙った逆張り手法 エントリー方法

どうも! ケンです。

ちょっとポンド円のチャートを眺めていたら
いい事例があったので、
私がたまにするレンジ相場での逆張り手法の
解説でもしようかと思っています。

基本的に逆張りって嫌いなんですが、
ことレンジ相場に限って言えば、逆張りの方が
リスクも少なくて済む上に利益を獲りやすいので
この方法を主に使っています。

それでは続きは本編で!(映画っぽくw)

本編の前に・・・

ご覧の皆様にお願いがありますm(__)m
+-------------------+
現在ランキングが大幅に低下中でして、
もっと多くの方に目を通していただけるように
皆様のワンクリックというお力を今一度、僕に
貸してはいただけないでしょうか?

※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

クリックいただき、感謝です!
ブログ更新の励みになっています^^
+-------------------+

もしかしたら、ご覧の皆様からしたら、
「こんな事知ってるわい!」と言った部分かも
しれませんが、どなたかの気づきになってくれたらいいなと
思います。

まずチャートをご覧ください。

gbprenji6-9.jpg
+---------------------+
※チャートはMT4
MT4が使用できる国内FX業者は
外為ジャパン
フォレックス・ドットコムジャパン
+---------------------+

下に、白色でサポートラインとレジスタンスライン、
ピンクでサポートラインを引きました。

これはポンド円の5分足チャートですが、
この様に線を引いてみると、最大で白色のサポートラインと
レジスタンスライン、より確実に狭い範囲で見た場合は、
白色のレジスタンスラインとピンクのサポートライン
でレンジ相場が形成されている
のがわかります。

こういったレンジ相場は、時間足チャートとかで見ると
とても気づきにくいレンジ相場
です。
時間足では気づきにくいですが、5分足とかだと頻繁にこういった
レンジ相場があったりします。

そして、これのどこを狙っていくか?
これはとても感覚的な部分で裁量になるのですが、

サポートライン、レジスタンスラインが抵抗帯となって反発したら

が目安です。

完全にひげが出て反発の可能性を強めてからでもいいし、
ローソク足が確定するまで待たずに反発の動きを確認した段階でも
いいと思います。

ちなみに、僕の場合は、
ローソク足のひげが確定してから

にしています。

では、利確と損切りなどをどうしていくのか?
を次回以降続けていきたいと思います。



ここまでご覧いただいた方にお願いがありますm(__)m
+-------------------+
今回の記事はお役に立ちましたでしょうか?
もし良ければ、ページを閉じる前に
応援のワンクリックをしていただけないでしょうか?


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村



FC2 Blog Ranking

ブログ運営の励みにもなり、とても嬉しいです(・∀・)b
+-------------------+


最後までお読みいただき、ありがとうございます^^




ケン

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。