移動平均線 デッドクロス トレード手法

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動平均線 デッドクロス トレード手法

どうも! ケンです。

昨日は急きょ仕事の打ち合わせが入ってしまい、
帰ってきたら倒れこむように寝てしまいました。

更新が遅くなりましたが、前回の記事の
移動平均線 ゴールデンクロス
の続きで、今度はデッドクロスの例を見ながら
解説してみたいと思います^^

+-------------------+
本題に入る前に、私から少しお願いがあります^^

ブログランキングに参加していますので、
下の文字が青色のリンクをクリックしていただけると
とても嬉しいです(・∀・)b
※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

いつもクリックありがとうございます^^
ブログ更新の励みにもなり、とても感謝しています!
+-------------------+

考え方としては前回の記事と同じなので、
考え方については前回の記事を参考にしてください^^

移動平均線 ゴールデンクロス


デッドクロスの参考例チャートをご覧ください^^

ドル円時間足デッドクロス
+---------------------+
※チャートはMT4
MT4が使用できる国内FX業者は
外為ジャパン
フォレックス・ドットコムジャパン
+---------------------+

あまりいい例のチャートが直近になかったので、
割とわかりやすいドル円の時間足チャートを用意しました。

真ん中よりも少し右側でデッドクロスしています。

このチャートの場合、
デッドクロスと戻りがほぼ重なっているので
エントリーしていれば見ての通りかなりの利益が
得られたのですが、

もし、この直後の大陰線の後でデッドクロスしていたら?

結果としてはそれでも大した問題ではなかったのですが、
この時点でエントリーすると、その後に大きく反発して
かなりの含み損を抱える可能性が高い
です。

やはり、移動平均線とローソク足が近づいてから
また動き出すまで待った方がいい
かと思います^^

今回、2回に分けて
移動平均線のゴールデンクロス

移動平均線のデッドクロス

考えてみましたが、結論として


移動平均線のクロス時にローソク足が大きく乖離している
= エントリーすべきではない


と考えていいと思います。

むしろ、SMAのクロスを確認したら
そろそろサインが出るかもしれないという合図ぐらいに
思っておいた方が良い
かと思います。

焦らずにこれに取り組めば、これだけでも利益を出していける
トレード手法だと思います^^


長くなりましたが、最後に・・・
+-------------------+
今回の記事は参考になりましたでしょうか?
記事が役に立ったと思われたら、
クリックしていただけると
励みになり嬉しいです(・∀・)b

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
+-------------------+



最後までお読みいただき、ありがとうございます^^




ケン

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。