FX 適正取引量

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX 適正取引量

どうも! ケンです。

個人的に昔から競馬を趣味で楽しんでいるのですが、
今週は競馬の祭典日本ダービーという事で少し
いつもよりテンションが上がっています(笑)

すみません、どうでもいいですよね^^;

今回は前回の記事からの続きで、適正な取引量について
考えていきたいと思います。

+-------------------+
本題に入る前に、私から少しお願いがあります^^

ブログランキングに参加していますので、
下の文字が青色のリンクをクリックしていただけると
とても嬉しいです(・∀・)b
※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

いつもクリックありがとうございます^^
ブログ更新の励みにもなり、とても感謝しています!
+-------------------+

前回の記事にて、1取引の適正なリスク許容範囲は
1~2%、最大でも5%ではないか?という
話をしました^^

では今回は、そのリスク許容範囲の観点から
適正な取引量を計算してみたいと思います。

資金が10万円として、
リスク許容範囲が1~2%だとしたら、
1取引で1000~2000円のリスクが許容できる
事になります。

この設定での取引を実践すると、連続で失敗しても
50~100回までは資金がショートしない
計算になります。
なので、長くFXと付き合う上で意識しておかれた方が良いのでは
ないかと思います^^

損切りの幅は、メインで取引している通貨ペアなど
人それぞれで違うと思いますので、ここからは
裁量的な部分が大きくなると思うのですが、

もし損切り幅が平均10pipsで、
一回の取引を1000~2000円のリスクにするなら
最大で2万通貨での取引が理想という事になります。

更に損切り幅が平均20pipsで、
一回の取引を1000~2000円のリスクにするなら
最大で1万通貨の取引が理想という事になります。

この様に考えると、もし10万円の資金からFXをしていくなら、
1000通貨取引のできる業者を使っていた方がいいのかも
しれません
ね^^;

今後、また1000通貨取引ができるFX会社の特徴なども
まとめて記事にしたいと思いますが、ひとまず私が個人的にも
1000通貨単位での取引をするFX会社を紹介
しておきます。

現在終了時期未定でポンド円スプレッドキャンペーン開催中の
外為ジャパン
※記事更新現在です。

ポンド円で1000通貨単位での取引ができてスプレッドも安いです。
正直、若干のスベりが生じますが、それでもスプレッドは安いと
思います。


ポンド円以外のスプレッドが最高水準、キャッシュバック実施中
FXブロードネット
※記事更新現在です。

ポンド円のスプレッドは上の外為ジャパンには譲りますが、
ドル円、ユーロ円は最高水準のスプレッドで1000通貨の取引が
できます。

1000通貨単位での取引をされたい、する予定のありそうな方で
まだ上記の二つの口座をお持ちでない方は、口座開設しておいて
損はないかと思います^^



長くなりましたが、最後に・・・
+-------------------+
今回の記事は参考になりましたでしょうか?
記事が役に立ったと思われたら、
クリックしていただけると
励みになり嬉しいです(・∀・)b

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
+-------------------+

最後までお読みいただき、ありがとうございます^^



ケン
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。