レバレッジ規制とは

▼限定タイアップ中!▼

ヒロセ通商

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ規制とは

どうも! ケンです。

今年の8月にはレバレッジ規制の改正により、
国内FX業者での取引はレバレッジが最大25倍に
なってしまいます。

今回はそのレバレッジ規制によってどういった影響が
あるのかなどについて考えてみたいと思います。

+-------------------+
本題に入る前に、私から少しお願いがあります^^

ブログランキングに参加していますので、
下の文字が青色のリンクをクリックしていただけると
とても嬉しいです(・∀・)b
※すべて別窓で開く様になっています^^
FX?デイトレ派ランキング
FX人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

いつもクリックありがとうございます^^
ブログ更新の励みにもなり、とても感謝しています!
+-------------------+

レバレッジの意味は、てこの原理が語源になっているそうで、
要するに元々持っている以上の事が出来るという事ですね。

実際にレバレッジ規制によって、どんな影響があるのか?

その辺りも踏まえて、レバレッジって一体なんなの?という点を
今回、私なりに話してみたいと思います。


レバレッジって何だかややこしいですけど、直接関係してくるのって
証拠金の部分だと思うんですね^^

例えば、
レバレッジが現行の50倍の場合、
ドル円が100円だったとしたら必要な証拠金って2万円とかになってる
FX会社が多かったりします。
これは、1万通貨当たりの証拠金なので10万通貨になると20万円になります。

これが8月のレバレッジ規制が施行されると、
レバレッジが25倍になるので、
ドル円が100円だとしたら必要な証拠金が4万円になります。
10万通貨なら40万円の証拠金が必要になってきます。

この様に多くの証拠金が必要になる事からもレバレッジ規制に対して
反対の声が大きい訳なのですが、
果たして本当にレバレッジ規制って一般投資家にとって不利な事なのか?
をもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

これまでの話は、あくまでも証拠金に焦点を当てた話でしたが、
次から実際に取引をしていった際の違いについて話したいと思います。

ここを結構見落としがちな人が多い様に思うので、
皆さんの中で何か気づきになったりする人がいたらいいなと思います。

ここから続きを書くと、
かなり長くなってしまうので、続きは次回にしたいと思います。


というコトで、次回は「レバレッジ 計算」というタイトルで、
レバレッジと実際の取引の関係性などを書きたいと思います。
しばしお待ちください^^


しかし、チャートとかの画像を使わずに文章だけだと
いつも以上に長く感じますよね(笑)


長くなりましたが、最後に・・・

+-------------------+
今回の記事は参考になりましたでしょうか?
記事が役に立ったと思われたら、
クリックしていただけると
励みになり嬉しいです(・∀・)b

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村



FC2 Blog Ranking
+-------------------+


最後までお読みいただき、ありがとうございます^^



ケン

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。